合宿免許による時間的なメリット

###Site Name###

合宿免許には、自宅から直接ドライビングスクールに通学をするのにくらべると、さまざまなメリットがあるといわれています。そうしたなかでもいちばん大きなものが、運転免許を取得するまでの時間が劇的に短縮できるということがあげられるでしょう。自宅からの通学の場合ですと、まずは自宅とドライビングスクールの往復の移動時間が毎回かかることになりますし、また、ドライビングスクール内に着いてからも、教習の予約をそのつど行い、場合によっては予約のキャンセルを待って受講するということさえ必要となってくるものです。



いっぽう、合宿免許であれば、はじめからドライビングスクールの近くに宿舎を借りて教習を受講するため、移動の時間はほとんどかかりません。

また、1日の日程はすべて入校した当初から決められており、予約も不要であるため、効率的かつ段階的に免許取得のための科目を学ぶことができます。



通常、自宅からの通学の場合、オートマチック車限定免許のコースでも2か月から半年程度は卒業までに必要になるといわれていますが、合宿免許であれば、わずかに2週間程度ですべての教習をクリアして、ドライビングスクールの卒業まで至ることができます。

もちろん、卒業したあとで都道府県の運転免許センターに行き、本試験を受けて合格しなければなりませんが、それでも思い立ってから1か月以内で運転免許が取得できるというのは、合宿免許以外の他の手段にはみられないものといえます。