本当は怖い?合宿免許

###Site Name###

合宿免許は、教習所近くの宿舎に泊まり込んで免許取得を目指すもので、通学よりも短い期間で免許取得が出来、費用面でも安く済むというメリットがあり、休み期間の学生や、急いで免許を取る必要がある人に人気があります。しかし、良い部分ばかりにスポットが当たっていますが、合宿免許には、知られざる怖い面もたくさんあります。

まず、合宿免許に参加する人たちの特性について理解しておく必要があります。



夏休みや冬休み期間中であれば学生が圧倒的に多いので、その学生と一緒に参加することをイメージ出来ればOKでしょう。しかし、それ以外の時期であれば注意が必要です。

基本的に、普通の日に2週間という長い休みを取って、免許を取らせてくれる職場というのは、あまり多くありません。



勤めている人であれば、仕事が終わってから教習所に通うのが普通です。
ですから、合宿の参加者は、そういった「普通」の範囲外にいる人の割合が多いのです。
具体的にいうと「ちょっとやばめの人」が多く参加しているのも事実です。
そういった人と2週間同じ屋根の下、同じ釜の飯を食う覚悟が必要です。

さすがに相部屋はないですが、盗難や恐喝の被害が出る事も珍しくありません。
参加者の特性に関わらず、同じ空間に2週間も閉じこもって、勉強、教習を繰り返していると、どんな人でも気が滅入るものです。



家で何でも自由にしている人であれば、なおさら人の目や時間の制約を窮屈に感じるでしょう。以上の事を考慮したうえで、合宿免許に参加するか検討して下さい。