合宿免許で試験に不合格になったとき

###Site Name###

合宿免許は、泊まりがけで運転免許の取得のために必要な学科教習や技能教習を毎日受講して、最短の期間でのドライビングスクール卒業をめざす人のためのプログラムとなっています。
毎日の時間割はムダのないようにあらかじめ決められており、教習にあたっての予約なども必要ありませんので、そのことが最短期間を支えるカギとなっています。



しかし、いくら合宿免許とはいっても、その期間中には修了検定や卒業検定といった試験があり、学んだことがどの程度まで身についているかの確認を求められます。



このような試験は、高校や大学のペーパーテストとは違って、かならず実技をともなうものですので、記憶力がよい人であっても身体的な能力がついてこないために不合格になってしまうということはあるものです。

合宿免許のなかで修了検定や卒業検定に不合格となった場合、まずは不合格になってしまった項目を確認して、その項目をクリアできるように補講を受けた上で、再度同じ試験にチャレンジすることになります。


補講を受けるということは、それだけ卒業までに必要な時間数が増えてしまうということになりますので、場合によっては他の受講生と同じ日には卒業できなくなってしまうこともあります。
このように、合宿免許の期間が延長になった場合ですが、一般的には延長料金がかかるものの、卒業保証をつけているプランを申し込んだ場合は、一定の範囲内の延長であれば、特に追加料金はかかりません。