合宿免許のメリット・デメリット

###Site Name###

合宿免許では普通に教習所に通うよりも期間も短く、費用も安く済みます。

教習所側の都合に合わせて実地などを入れ、教習所側でもロスを少なく出来るという仕組みの為優遇され、宿泊費や食費を含めても費用が安いという事が最大のメリットになりますが、もちろんデメリットもあります。



合宿免許のデメリットは普通より短いとはいっても普通免許ですと卒検までには約一か月かかるという事で、その間地元から離れ教習だけに専念しなければならないという事です。



約一か月ともなるとちょっと社会人の方には無理がある期間で、実質「学生専用」といってしまってもよいでしょう。


夏休みなどの長期休暇のある学生さんであれば、長く教習所に通うという事も無く且つ費用が安く済む合宿免許のメリットは大きいものです。



合宿免許は長期休暇の難しい社会人の方には無縁のものかといえば必ずしもそういう事でも無く、普通免許を所持しているという事を前提にしますと、二輪や大型、大型特殊や二種免許の教習を受ける事が出来、これらの免許も短期間で費用を安く済ませる事が出来ます。

普通二輪であれば最短十日、大型二輪であれば最短六日と大型連休に有給休暇を組み合わせれば何とかなる期間になりますので、こういった免許の取得を目指す場合でしたら社会人の方でも利用出来るでしょう。
合宿免許のメリット・デメリットは費用を安く短期間で免許が取れる、しかしまとまった休みがなければならないという事で、自分の立場に合わせた教習を選択する必要があります。